田舎で無痛分娩って受けられる?アレコレ悩んだ話

田舎で無痛分娩って受けられる? 経産婦の計画無痛分娩

田舎に引っ越したあと、2人目を妊娠しました。

妊娠は嬉しいんだけど、出産が怖くて。

やっぱり今回も、無痛分娩しか考えられません。

だけど、今住んでいるところは北陸地方のとある片田舎。

人口が少ないので病院自体も少なくて、無痛分娩をやっているかどうか・・・。

田舎で無痛分娩が受けられるかどうか、アレコレ悩んだ話です。

無痛分娩をやってる病院なんてあるのかな。。

スポンサーリンク

田舎で無痛分娩できる病院がなかったら?

とにかく、自然分娩は嫌。
無痛分娩で産むことだけを考えてました。。

もし、無痛分娩を受けられる病院がなかったらどうしよう・・・?

最初に考えたのは、東京に行って出産することです。

引っ越す前は東京に住んでいて、1人目は都内の産院で産みました。

東京に行けば無痛分娩を受けられる産院が分かるし、慣れているので安心感があります。

東京に行くという選択肢も?

最悪、東京に行って産むのもありかなと。
今からなら順天堂かな・・・。

実は、妊婦健診はこちらの産院に通って、出産は東京でということもできます。

里帰り出産を受けいれているような病院であれば、32週までに1度受診すればOKなことが多いんです。

ただその場合、2歳になる上の子をどうしたものかなと。

どちらの実家も遠方で、親は高齢だから、実家にはお願いしにくいんですね。

となると、旦那に預けて行くしかないんですが、2歳の子を1人でみるのは大変だろうなーと。

かといって、上の子を東京に連れて行くというのも、あまり現実的ではありません。

それに、もし東京で産んだとしても、退院後に新生児を連れての移動はしんどいだろうし、1ヶ月検診の時にまた戻ってくる必要があるし・・・。

だから東京で出産するのは、いろいろ無理があるなあと思いました。これは最後の手段です。

スポンサーリンク

県内にも無痛分娩をやっている病院があった

県内の病院を調べてみたところ、いくつか無痛分娩を実施している病院がありました。

けど、私が住んでいる地域からは、ちょっと遠いです。

今住んでいるところは、思いっきり田舎ですので。。

ここから通うと、だいたい車で1時間ぐらい掛かります。冬には雪が降るので、もっと掛かりそう。

片道1時間というのは、妊婦健診で通うことを考えると、まぁ面倒ですね。移動時間に加えて、妊婦健診の待ち時間もありますから。

ただ、東京に行くよりはずっと近いし、こういった選択肢があるだけでも有難かったです。

とりあえず、無痛分娩をやっている病院があって良かった。
なんせ私の実家の周辺には、1件もなかったので。
片道1時間ぐらいなら、通えなくもないです。

地元の市民病院でまさかの奇跡

無痛分娩の病院どうしよう・・・。
片道1時間かけて通うか、あるいは東京に行くか。

あまり良い選択肢がなく、病院どうしようか迷っていたのですが。

ふと、ダメもとで、ふだん利用している地元の市民病院にも電話してみました。

すると、なんと今年から始めるとのこと!

マジッ!?私ツイてる!

今のところ、まだ何も告知されてないんですが、数カ月後に無痛分娩を始めるそうです。

すぐに決めてなくも大丈夫ということだったので、検診ついでに病院に行って詳しい話を聞くことにしました。

電話の感じからすると、病院側もまだ体制が整っていない様子。

あと、いちおう受付はしているけど、なぜか積極的にはおすすめしない雰囲気でした。まるで、隠しメニューみたいな取り扱いなんです。

念のため県内の別の病院にも確認しておく

なんとなく不安を感じて、県内の別の病院にも話を聞いてみたところ・・・

32週までに一回受診すれば、無痛分娩を受けられるとのこと。

とっても心強いお返事をいただき、安心しました。

これならどう転んでも、無痛分娩できそう!

都内と違って、無痛分娩の予約に必死にならなくてもいいんですね。このあたりは、田舎の良さだと思います。

というわけで、何とかなりそうだったので、地元の市民病院で妊娠検査を受けることにしました。

あとがき

地元の市民病院で、今年から無痛分娩が始まるなんて奇跡でした。

この市民病院のHPには、未だに無痛分娩について書いてません。だから、聞かなければ絶対に分かりませんでした。

駄目もとで聞いてみてホント良かったです。

もーここで産めってことね!

もちろん、今年からということで症例数も少なそうだし、いろいろ不安もあったのですが。

遠くの病院で出産するのは、何かと大変ですから。

地元で産めるなら、それが一番らくです。

次回は、病院にいって無痛分娩について詳しく聞いたときの話です。

安心したのもつかの間、思いがけない落とし穴が!

→病院で詳しく話を聞いてみた

「夕飯考えるの面倒。でも手作りしないとな。。」って思ってた。

この記事を書いた人
妻

2児の母親です。
無痛分娩を、それぞれ別の病院で2回経験しました。
どちらも高齢出産で36歳と38歳のときです。
里帰りしてないので、産んだあとも大変でした。
痛いのがとにかく苦手!
子供を産むなら、無痛分娩しかないと決めてました。
≫ 詳しいプロフィール

妻をフォローする
経産婦の計画無痛分娩
スポンサーリンク
プレママ&ママ向け無料サービス
【楽天ママ割】ママ・パパ向けの特典満載サービス

楽天のママ割は無料なのに特典が豪華すぎです。
まず毎月抽選で150名に『サンプルボックス』が当たります。←大人気!
他にも楽天ポイントがUPしたり、限定クーポンが毎月貰えたり、バースデー特典があったり。知らないと損なサービスですよ。

【ゼクシィBaby】妊婦さん&産後ママのための無料情報誌

妊婦さん&産後ママのためのゼクシィのフリー情報誌です。
ママになっていく毎日を楽しむための体験談やアドバイスが満載。
付録も付いていたりするので、ありがたく頂いちゃいましょう。

【カラダノート】ママさん・妊婦さん限定プレゼント

アンケートに回答するだけで超豪華プレゼントが当たったり、応募者全員へプレゼントが貰えたりします。
プレゼントの内容はハンドブレンダーや空気清浄機、電動自転車などなど。
1098名に当たるから、チャンスも多い!

【Amazonベビーレジストリ】プレママ限定のサービス

出産予定日を登録するだけでコンプリート割引が利用でき、ほとんどの商品が30日間返品無料になります。
さらにプライム会員なら大人気の『出産準備お試しBox』を無料で申し込めます。

無痛分娩立ち会いレポ

コメント