無痛分娩の産後の肥立ちをレポート!里帰りなしでも大丈夫?

無痛分娩の産後の肥立ちをレポート 初産での無痛分娩

無痛分娩は産後の肥立ちが良い!っていう話を聞きますよね。

私は高齢出産、里帰りなし、夫婦どちらの実家も遠方だったので、その話が本当なら大助かりです。

痛いのが嫌で、無痛分娩を選択したけど。
さらに、産後の回復も早ければ最高です!

でも、実際に出産してみて思うんですが、出産によるダメージって個人差がとても大きい。

だから、“無痛分娩=産後の肥立ちが良い”とは、限らないと思います。

それでも、無痛分娩のほうが良さそうな気しますけどね。

私の場合はどうだったのか、体験談を書いてます。

スポンサーリンク

無痛分娩の産後の肥立ち

お産による消耗を、ほとんど感じませんでした。
思っていたより元気です。

無痛分娩のおかげか、出産直後でもほとんど疲れを感じませんでした。

やっぱり無痛分娩は、出産によるダメージが少ないかも?

少なくとも体力面では、メリットあるみたいです。

赤ちゃんを産んですぐ動けた

赤ちゃんを産んだあと、すぐ日常に戻ることができました。
それぐらい、ダメージの少ないお産だったみたい!

赤ちゃんを産んで無痛分娩の麻酔が切れた後は、もうふつうの状態でした。

トイレも自分で行けたし、病院内をブラブラ歩けたし。

あとは、無痛分娩とは関係ないんですが、会陰切開の傷が浅かったのも良かったみたい。

骨盤についても、特に影響を感じなくて。

立って、座って、歩いて・・・という日常動作をする中で、痛いとか辛いとかいう感覚はほとんどありませんでした。

入院しなくても平気かも?と思ったぐらいです。

退院してからの身体の状態

入院中、わりとゆっくり休めたのも良かったみたいです。
退院するときには、すっかり元気でした。

退院しておうちに帰ったあとは、いつも通り家事ができました

ご飯を作ったり洗濯をしたり。掃除は夫がやってくれます。

よく産後1〜2週間は床上げしないとか言いますし、病院からも赤ちゃんのお世話以外は何もするなって言われてたんですけどね。

私が何もしないと、夫が大変ですから。

産後の肥立ちは、かなり良い方だったと思います。

恐れていた骨盤のゆがみや痛みも大したことないし、お股の痛みも平気です。

というわけで、身体を休めるようにはしていたけど、元気でしたね。

スポンサーリンク

里帰りなしでも大丈夫でした

里帰りしない上に、夫婦どちらの実家も遠方。
それでも何とかなるものですね。

里帰りをしないと、身体を休める時間が全くありません。

それに最初の半年間はまともに寝られません。その後でも、連続で寝られるのは4〜5時間。

身体がボロボロの状態で産後をスタートしていたら、さぞ辛かったろうなと思います。

産後はじょじょに身体が消耗していく感じです。

里帰りしないなら、出産のダメージはなるべく小さくしないと、後がしんどいと思いますよ。

里帰りなしで家事を頑張る

ふつうに家事をしてましたね。
夫もそれなりに分担してくれましたけど。

身体が元気だったので、ふつうに家事も頑張ってました。

ただ、もっとも面倒くさい料理については、できる限り手抜きです。

冷凍のおかずやお弁当をたくさん利用してましたね。

最近は冷凍のおかずでも美味しいものがあり、味にうるさい夫も納得。

温めるだけで簡単なので、夫に用意してもらうこともできて便利でした。

里帰りなしで育児を頑張る

おむつ替えと授乳は、やっぱり夜間が大変でしたね。

睡眠はほとんど取れなかったんですが、なぜかあまり辛くありません。

産後は寝不足でも大丈夫なホルモンがでるらしい?

授乳については、血が出たり胸が痒くなったりと、眠れないことより肌のトラブルのほうが辛かったです。

ちなみに夫は、赤ちゃんが小さすぎて触るのが怖かったらしく、おむつ替えをしてくれませんでした。

触るの怖い・・・

怖いのは私だって一緒なんだけどな・・・。

それでも、首が座ったぐらいから、積極的におむつを替えてくれるようになったので助かりました。

産後は仕事もしていた

産後、しばらく在宅で仕事をしてました。
新生児のうちは大人しいので、邪魔にもなりません。
動くようになって目が離せなくなると、仕事は無理でした。

産後しばらくは、在宅で仕事もできました。

でも、赤ちゃんが大きくなるに連れて、かまわなきゃいけない時間が増え、自分の時間がドンドンなくなってしまい・・・。

赤ちゃんにスケジュールを支配されるというか、自分の意思で「◯時から◯時までこれをやる」って決められないのがしんどかったです。

24時間呼び出し待機中!みたいな。

そんな状態だったので、半年ぐらいたってからは、仕事は諦めてましたね。

仕事が再開できたのは、子供が1歳を過ぎて保育園に入ってからです。

あとがき

やっぱり無痛分娩だから、産後の回復も早かったように思います。

出産でヘロヘロにならなかったのが、良かったんだろうなと。

それもあって、産後すぐに家事・育児を頑張ることが出来ました。

新生児の期間って、後から考えると一瞬なんだけど、とにかく心配なんですよね。

ただ、赤ちゃんのお世話はやってみればなんとかなるもので、思ってたよりは大変じゃなかったです。

それよりも、吸引分娩による赤ちゃんの頭のトンガリが心配でしたね。

次の記事:


「夕飯考えるの面倒。でも手作りしないとな。。」って思ってた。

この記事を書いた人
妻

2児の母親です。
無痛分娩を、それぞれ別の病院で2回経験しました。
どちらも高齢出産で36歳と38歳のときです。
里帰りしてないので、産んだあとも大変でした。
痛いのがとにかく苦手!
子供を産むなら、無痛分娩しかないと決めてました。
≫ 詳しいプロフィール

妻をフォローする
初産での無痛分娩
スポンサーリンク
プレママ&ママ向け無料サービス
【楽天ママ割】ママ・パパ向けの特典満載サービス

楽天のママ割は無料なのに特典が豪華すぎです。
まず毎月抽選で150名に『サンプルボックス』が当たります。←大人気!
他にも楽天ポイントがUPしたり、限定クーポンが毎月貰えたり、バースデー特典があったり。知らないと損なサービスですよ。

【ゼクシィBaby】妊婦さん&産後ママのための無料情報誌

妊婦さん&産後ママのためのゼクシィのフリー情報誌です。
ママになっていく毎日を楽しむための体験談やアドバイスが満載。
付録も付いていたりするので、ありがたく頂いちゃいましょう。

【カラダノート】ママさん・妊婦さん限定プレゼント

アンケートに回答するだけで超豪華プレゼントが当たったり、応募者全員へプレゼントが貰えたりします。
プレゼントの内容はハンドブレンダーや空気清浄機、電動自転車などなど。
1098名に当たるから、チャンスも多い!

【Amazonベビーレジストリ】プレママ限定のサービス

出産予定日を登録するだけでコンプリート割引が利用でき、ほとんどの商品が30日間返品無料になります。
さらにプライム会員なら大人気の『出産準備お試しBox』を無料で申し込めます。

無痛分娩立ち会いレポ

コメント